トップ > 活動報告 > すべての一覧

活動報告
活動報告

「夢を生きる」クラブ賞贈呈式

(顕彰・表彰事業) 2023年02月22日

「夢を生きる賞」とは家族に対し主な経済的扶養責任を負いながらも、目標に向かって技能訓練や教育をうけて努力する女性を称えるものです。困難に遭遇しながらも新たな人生を切り開こうとしている女性の支援を目的としています。



今年度の受賞者はお二人。子育てに励みながらも新たな分野にチャレンジされ、日々努力されています。それぞれのご都合に合わせて贈呈式を行いました。まだまだ大変な日々だと思いますが、これからもその夢の実現にエールを送り続けたいと思います。



チャリティー落語会出席について

(その他の活動) 2023年02月10日

国際ソロプチミスト熊本すみれクラブさん主催のチャリティー落語に出席致しました。
会場の森都心プラザはお客様でいっぱい。コロナも落ち着き、このようなイベントが開催できるようになったことを、とても嬉しく思いました。



落語が始まる前に「夢を生きる」の表彰式もあり、たくさんのお客様にソロプチミストの活動が伝えられる良い機会となっていました。



落語は、東大卒落語家で話題の春風亭昇吉さん。最近真打ちになられたということですが、とても通る声で大変流暢なしゃべりに、聴き惚れてしまいました。
笑点などで知る落語家さん達もきっと素晴らしいお咄をされるんでしょうね。今日は本格的な落語を聴く大変良い経験ができました。



旭日重光章受章祝賀会

(その他の活動) 2023年01月28日

元熊本県知事、潮谷義子さんの祝賀会に参加しました。400名近い参加者が、潮谷さんのこれまでの歩みに改めて賛辞を送る会となりました。蒲島郁夫県知事、大西一史市長、そして県立劇場の姜尚中館長など、多数の方々の祝辞に共通しているのは、潮谷さんの福祉行政への熱い思いと、その行動力への称賛でした。



そして、心に残りましたのは、医師会の福田稠先生祝辞の中にありました「肥後の猛婦」への
下りです。
肥後の猛婦(賢夫人)に共通しているのは、
① 揺るぎない信念の人
② 行政への参画
③ 長寿である
この3点を備えている、現在82歳の潮谷さんこそ「肥後の猛婦」の一人であるとの祝辞に、
感銘を覚えました。



数々の役職に就き、現在は、恩賜財団済生会の女性初の会長として、お力を発揮されています。
こんなに素晴らしい方を「SI熊本―わかば」の「夢基金」の贈呈者として選出させていただいたことを、「わかば」の誇りに思います。
「わかば」の講演会で話されました『命に頭を垂れる』の言葉が思い出されます。
これからも更なるご活躍をされることを願っています。



新年例会

(クラブ内活動) 2023年01月26日

バイオエネルギーの世界で全国でご活躍されている星子桜文さんの卓話をお聴きしました。星子さんは、家庭や飲食店などから出る天ぷら油などの廃油を高純度のバイオディーゼルに生まれ変わらせる事業で起業され、現在はそれを全国に広めるため、日本全国を飛び回って活動されている女性です。



環境大臣賞や内閣府女性のチャレンジ賞などたくさんの賞も受賞されている方で、可愛らしい姿からは想像できない程、情熱的でエネルギッシュな方でした。
天ぷら油がエネルギーに変わる、地産地消でエネルギーが作れる、環境も汚さないというお話に感動し、私たちも少しずつでも地球環境を守る一助ができればと思いました。



その後は楽しい新年懇親会。
美味しい食事を頂き久しぶりの会員相互の語らいができて、うれしい夜になりました。



アクセサリー製作

(クラブ内活動) 2023年01月25日

寒波が到来し大変寒い毎日が続く中、わかばの大切な資金作り活動であるコットンパールアクセサリーの製作を行いました。



4月に開催される南リジョン大会で、たくさんの皆様にご購入頂けるよう昨年から製作を続けています。糸を通す人、仕上げをする人、検品する人などさまざまな行程に分かれて作業を行いました



まだまだ作業は続きますが、たくさんの品揃えができるよう頑張って製作していきたいと思います。



16件~20件 (全274件) <前の5件     1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 ・・・ >次の5件
活動報告