トップ > 活動報告 > 2008年のアーカイブ

(34) わかばマークデザイナー村田満氏への感謝状贈呈

(クラブ内活動) 2008年12月15日

2008年12月15日の定例会合の後、SI熊本-わかばのマークをデザインしてくださったグラフィックデザイナーの村田満氏に、感謝状の贈呈を行いました。



村田氏は国際ソロプチミストの理念に賛同し、デザインにご協力ださいました。本当にありがとうございました。

わかばマークのコンセプトは、クラブの紹介~わかばマークでご紹介しています。

(33) 「ソロプチミスト日本財団年次大会(横浜)」参加の報告

(その他の活動) 2008年12月08日

2008年11月20日に開催されたソロプチミスト日本財団の年次大会(横浜)に、三嶋会長、布村副会長、鬼塚理事、緒方委員長の4人が出席しました。



式は松沢神奈川県知事を来賓に迎え、厳かな中にも国内、国際奉仕・援助された方々の晴れやかな表彰式がありました。

特に今年は千嘉代子賞をSI熊本―さくらクラブが推薦された能役者の狩野丹秀様が受けられ、熊本県のSIとして大変うれしいことでした。

★来年の開催のお知らせ 2009年11月17日 みやこめっせ(京都)
創立30周年記念大会です。参加して感動を受けましょう。

(32)卓話・DV研修会

(クラブ内活動) 2008年11月25日

2008年11月19日(水)、第5回定例会合において、熊本県男女共同参画・パートナーシップ推進課の菅紫(すが ゆかり)様を講師にお迎えし、DV研修会を行いました。



「1.DVについて」「2. デートDVについて」「3. なぜ、DVが起こるのか」「4. 今後、大切なこと」など大変わかりやすく説明していただき、私たちもDVについて理解を深めることができました。

(31) 熊本市保育園連盟に乳児呼吸モニターを寄贈

(チャリティ事業) 2008年11月24日

2008年11月14日(金)、熊本市保育園連盟に乳児呼吸モニターを寄贈しました。



乳児呼吸モニターは、継続的に乳児の呼吸を含む身体の働きを感知し、身体の動きの回数の低下や停止を警告できるよう設定された機器です。

現在、日本では乳幼児突然死症候群(SIDS)が乳児(1歳未満)死亡原因の第2位となっており、2000人の乳児に対し1人の割合で発生するといわれています。今回の寄付で、子どもを持って働く女性が、少しでも安心して働くことができるようになればと思っています。

なお、今回の寄付は、11月13日に開催した第1回チャリティーゴルフコンペの収益金で実現できました。ご参加くださった皆様、ご協力くださった皆様にあらためて感謝申し上げます。
国際ソロプチミスト熊本-わかばは、これからも働く女性を応援する活動に取り組んでまいります。

※この贈呈式の様子は、RKKの熊日ニュースでTV放映されました。

(30) 2008スペシャルオリンピックス熊本地区大会

(チャリティ事業) 2008年11月17日

2008年11月16日(日)、2008スペシャルオリンピックス熊本地区大会ボウリング競技が、マスターズボウルで開催されました。



『各個人のあらゆるハンディに負けない精神を大切に』をテーマに、17才~51才の男女24名のアスリートたちがボウリングに挑戦され、心あたたまる競技が行われました。
わかばからは13名参加して、表彰式の準備やメダルのプレゼンター、応援などのお手伝いをしました。

1件~5件 (全20件)     1 | 2 | 3 | 4 >次の5件
事務局連絡先:E-mail:wakabajimukyoku@sik-wakaba.org
例会会場:熊本ホテルキャッスル 〒860-8565 熊本県熊本市中央区城東町4-2